新築住宅

・住宅の耐久性を高める取り組みは ・工務店か分離発注かで迷っています
住宅の耐久性を高める取り組みは

期優良住宅の基準をクリアする設計の他、一世代あたり30年を目安に、少なくとも2世代後までに家の姿や間取りがどのように変化して行くかについて打ち合わせをして行きたい、と考えています。

また図面に描かれた物と品質をきちんと実現するために、監理にも力を入れています。

現場に出向く回数についてはこちらのQ&Aも参考にしてください。

 

工務店か分離発注かで迷っています

分離発注のメリット・デメリットについては、こちらをご覧ください。

これまでは、工務店を前提に設計を進め、見積もり後に分離発注とした例がいくつかあります。工事費用が合わない場合は仕方がありませんが、許容範囲を決めていただき、予定通り工務店に発注するケースもあります。

もっとも、工事現場が事務所から一定以上遠方の場合は、分離発注が難しくなるため、工務店発注のみで進めることもあります。詳しくはお問い合わせください。