地震対策

・地震対策について教えてください ・耐震ダンパーの選び方について
地震対策について教えてください

一般的な木造2階建て出あれば、設計者が地震に耐える壁量の大きさとバランスをチェックする程度ですが

事務所の方針として、構造計算(許容応力度計算)を構造事務所に依頼して安全性を確かめています。

建物の強さは3段階(耐震等級1・2・3数字が大きい方が強い)あり、真ん中の等級2を標準にしています。これ以上強くすると間取りに制限が出たり、窓が小さくなる傾向がありますので、ご希望により、制震ダンパーを採用する場合があります。

耐震ダンパーの選び方について

耐震ダンパーとは、地震の力を吸収し、建物全体の揺れ幅を小さくすることで安全性を高める装置です。

現在は大がかりな物からちょっとした部品に至るまで様々な装置が世に出ています。

それぞれ一長一短ありますが、次のことが重要と考えています。

 

・どれだけ有効に働くか事前に確認できること

・施工精度を確認すること

 

弊所ではTRCダンパーを採用しています。他Q&Aで説明にある構造計算に加え、このダンパーを使用したとき実際に揺れがどの程度納まるかシミュレーションします。

 

100㎡の2階建て住宅では4〜6箇所使用。価格は分離発注の場合で、1本あたり5万数千円(税込)です。(工務店経由の場合はもう少し費用がかかります)

 

こちら→ 一つ上の地震対策 もご覧ください。