東京都・神奈川県の設計・監理・家づくりを手掛ける設計事務所

HOME

よくある質問 二世帯住宅

二世帯住宅の現状について

 

 首都圏においては、都心回帰というようになるべく都心に住みたいという傾向が強くなってきました。宅地の価格が下がってきた中で職場になるべく近くに住みたい、いろんな施設がそろった都心に住みたいという事だと思います。

 下がったとはいえまだ宅地の価格はなかなか手が届きにくいところにあります。土地がないけれど家を建てるには、やはり、親と同居の二世帯住宅というスタイルが一般的ですが、最近では、奥さん側の両親と同居する、いわゆるパラサイトダブル型の二世帯住宅が増えてきました。

 経済的に親に援助してもらうだけでなく、親の介護は実の娘さんが行う例が多いことからもうなずけます。

二世帯住宅を設計するポイントは?

 そこに住まう皆さんがなるべくストレスを溜めない工夫が必要です。そのために、三つの基本点をクリアすることが大切です。1・日常の生活音 2・水廻り計画、3・将来のシミュレーションです。

 1・親世帯と子世帯では当然生活スタイルが違いますので、足音やTVなど日常の生活音をどれだけ建築的に解決して行くかが問われます。上下階で世帯が異なれば、間取りを工夫したり、遮音について工法を検討しなければなりません。

 2・水廻りについては、トイレやお風呂、キッチンなどについてはどこまで分離して行くのか、よく話し合いながら検討して行く必要があります。特に親世帯については専用のトイレは計画しておきたいです。パラサイトダブル型ではキッチンやお風呂は共有する場合がありますが、スペースと予算が許せば水廻りは全て分離して行く方が後々問題を残さないと言えるでしょう。

 3・将来のシミュレーションとは、介護をする場合も想定して間取りを考えてゆく必要性です。生活スタイルは徐々に変化して行くという前提で、いろんなケースを想定しておきたいです。スケルトン(構造部分)をなるべく単純化して、間仕切りなどはカンタンに改造できるようにしておくことを勧めます。

二世帯住宅将来像については?

 子世帯やその次の世代もいずれ介護をうける、という状況まで想定した家づくりをすることが大切です。将来のことまではなかなか想定しにくいかもしれませんが、将来このようになって行く、というストーリーをあらかじめ描いておく事が大切ではないでしょうか。

家を長持ちさせるにはメンテナンスが必要であることは別のところで述べましたが、マンションの修繕計画のように、家のメンテナンス計画もそのストーリーの中に入れておきましょう。いずれ必要になるメンテナンス費用を積みたてたり、生活スタイルの変化に対して経済的に対応しやすくするということが大切です。万一想定外の状況になって売却するような場合も、資産価値の評価が高くなるでしょう。

事例について教えてください

 

 事例-1→三世帯住宅

 完全分離の三世帯住宅です。各世帯の指向がそれぞれ違い、ちょっとしたコーポラティブハウスような設計をとなりました。木造住宅のため日常の生活音をどのように解決するか様々な工夫を重ねています。

 事例-2→二世帯住宅

玄関を共有した二世帯住宅です。水廻りは分離していますが、家族の交流を多くする工夫をしています。

 事例-3→二世帯住宅(準備中)

完全分離の二世帯住宅ですが、屋内で往来可能にするための引き戸を設けています。また上下階の生活音軽減のため、遮音材を2階床に設置しました。