東京都・神奈川県の設計・監理・家づくりを手掛ける設計事務所

HOME

よくある質問 オール電化・パッシブソーラー

みさき建築研究所ではオール電化を安価で導入出来ますか?

オープンシステムのメリットは、中間マージンがかからず、原価で建材や住宅設備を購入出来るということです。この方式で新築工事やリフォームを行うことはとても有効であると言えます。

一方、ソーラーシステムを原価で販売する旨を表示しているオール電化ウェブサイトも見受けられますが、詳しく調べると、付属システムとしてのエコキュートやIHコンロの価格が高い場合が多く見受けられます。また、リフォームを一緒に行う業者も多く、ソーラーシステム価格を見せかけにしているようです。

オープンシステムは、みさき建築研究所が設計監理を行い、材料と工事を原価で発注しますので、品質が高く、コストを抑えた家をつくることが可能となります。

パッシブソーラーシステムとは?

太陽のエネルギーを利用するのがソーラーシステムですが、その中で太陽光発電や太陽熱発電のように光や熱を他のエネルギーに変換するのをアクティブソーラーと呼びます。一方、太陽のエネルギーを工夫を加えてそのまま利用するのがパッシブソーラーです。
みさき建築研究所では、パッシブソーラーシステムとして そよ風 というシステムをおすすめしています。これは太陽熱を利用して暖められた空気を床下に送り込み、基礎に蓄熱させて暖房に利用する方式です。詳しくはそよ風ホームページをご覧ください。

また実際のコストについてはみさき建築研究所までお問い合わせ下さい。

パッシブソーラーのデメリットは?

太陽のエネルギーをそのまま利用する方式のため、雨や雪の日は効力が発揮されません。そのため暖房には補助熱源が必要となります。これまでの事例では、石油ストーブやエアコン、床暖房を採用してきました。

パッシブソーラーで暖房すると、どのようになりますか?

基礎に蓄熱さた熱を利用する方式のため、暖かさは緩やかな状況です。足下が冷えない、という表現が当てはまるかと思われますが、家全体をとにかく暖めたい、室温を上げたいとお考えの方にはおすすめしていません。

夏場のパッシブソーラーの役割は?

お湯取りシステムを採用した場合は、太陽熱を利用しますが、それ以外は屋根からそのまま排気します。日が落ちた後夜間の放射冷却がある場合、先ず屋根の空気が周囲よりも温度が少し低くなり、さらに床下でコンクリート基礎に熱を奪われます。そのようにして外気温度よりも4度程度低くなった空気が床下より室内に入り、同時に空気の流れにより体感温度が下がるので、緩やかな冷房効果が期待できます。熱帯夜の場合は難しいですが、外気温度が27度を下回る場合には、その効果を確認できます。(個人差があります)

また、ロフトに機械本体を置くことが多いのですが、室内空気を吸い込む口の近くにエアコンを設けて冷房運転することで冷気が床下に循環しますので、全館冷房も可能となります。
 

パッシブソーラーはオープンシステムで採用可能ですか?

一般的には工務店が工事一式を請け負いますが、オープンシステム(分離発注)では環境創機さんからシステム一式を代理購入します。そのほか基礎の断熱パネルや基礎気密材、断熱ダクト類なども必要ですが、それらも個別に代理購入します。施工は木工事・屋根工事・電気工事などそれぞれに役割分担してもらい工事を進めますが、足りない部分はみさき建築研究所が行います。

パッシブソーラーにはどれくらいの費用が必要ですか?

基本的な暖房換気のみのシステムでは、システム一式で約70万円、その他の部材で約10万円、施工費用で2〜30万円程度をお考えください。従いまして、分離発注では100万円前後で可能となります。

実際のコストを事例公開しています → こちらをご覧下さい