東京都・神奈川県の設計・監理・家づくりを手掛ける設計事務所

HOME

よくある質問 建築コスト

建築家に設計してもらうのは高い、といわれますが、実際はどうなのでしょうか?

 設計事務所の存在価値はどこにあるのかというと、多様化したライフスタイルに対応してそれぞれの住まい方に合った住宅をつくるということでしょう。また、施工とは独立した立場で工事が適切になされているかどうかをチェックします。

 以上のことに対して報酬を受けるのが建築士です。施主に代わって専門家である建築士が品質をチェックすることは十分価値のあることであり、また、建築コストにおいても、品質を落とさずコストダウンすることも建築士の力量が問われる作業です。

 建築士は高い技術と能力を身につけるために日頃研磨を積んでいますので、コストコントロールが結果的には施主の利益になるわけです。したがって、ライフスタイルに合った住まいをコストコントロール出来る建築士に報酬を支払い、高品質な住宅をつくることは高い買い物でないと言えます。

ハウスメーカーや工務店は設計料が必要無いので安いのでしょうか?

 工務店だけでなくハウスーカーにおいても基本的には設計料はかからないか、又は少額で設計を請け負うと言われます。しかし実際にその分の人件費はかかっていますので、工事費の中に見えない形で含まれているのが現状です。サービスということはあり得ないと考えるのが賢明です。また工務店・ハウスメーカーではデザインや打ち合わせに限界があるのではないでしょうか。

 では建築費の方はどうかというと、安価に設定している標準仕様では個別の要望にはなかなか対応できていないと言えます。ライフスタイルが多様化した現状では、なかなか難しいのではないでしょうか。

 そのため仕様変更やオプション採用により結果的には高い買い物になっているようです。さらにこの中に設計料も含まれているわけですから、建物自体の原価はそれなりになることが予想されます。

高い建材や設備を安くする方法は?

 建材についてはその価格と品質は必ずしも比例しないのと同時に、適材適所で選択してゆく必要もあります。また、建築費は建材価格だけでなく、工賃によって決まります。予算に制約がある中で価格の高い建材を使いたい場合は、合理化された流通ルートを探すか施工方法を合理化します。

たとえば、壁塗りにおいて、左官屋のコテ仕上げから塗装屋のローラー仕上げに変更してコストダウンする等です。また、設計のイメージを変更しない範囲で安い建材を探すことも必要かと考えます。

また、分離発注の場合はみさき建築研究所が建築資材や住宅設備を代理購入しますので、一般には公表していない業者向け価格で手に入れる事が出来ます。※

※インターネットなどで一般・業者関係なく設けられたワン・プライスの場合は差が無くなる場合があります。

住宅ローンは適用可能でしょうか? 

オープンシステム住宅ローンができました。(三井住友海上火災によるOSフラット35) 
オープンシステム(分離発注方式)で住宅ローンを利用する場合、これまで融資窓口担当者にこの方式を理解してもらう場面に遭遇してきました。工務店やハウスメーカーのような一括請負でないことがその理由でした。そのため手続きが煩雑になることもしばしばでしたが、ようやく大手金融機関にも理解されるようになり、分離発注に合わせた住宅ローンができました。しかもフラット35専用です。

→ 詳しくはこちらをご覧ください

一般の住宅ローンでは建物が完成し登記されてから融資実行されますが、このローンでは工事途中で最大3回まで分けて融資されるため、頭金が少ない場合にもオープンシステムを利用できるようになりました。

また、フラット35を利用される場合にもつなぎ融資手続きがスムーズにゆく仕組みもできております。
さらに、大きな特徴として、予備審査申し込み時点で銀行ローンとフラット35を同時に同じ窓口で申し込むことができるようにもなっています。

一般の銀行融資については、仕組みが出来ていない分OSフラット35よりも確認事項が増えますが可能とお考えください。