東京都・神奈川県の設計・監理・家づくりを手掛ける設計事務所

HOME

よくある質問 家づくり

家づくりで一番重要なことは何でしょうか?

 

 家づくりで一番重要なことは、どれだけ思い入れのある家をつくれるかということであると思います。そのためには手間暇を惜しまず、そのことを考え続けて頂きたい。希望することや疑問点を投げかけて下さい。そして我々建築士が具体化して行く図面や模型の前で、十分な意見交換が出来れば、実際の建物も充実したものとなるでしょう。
時には「全てお任せします」という建て主さんもいらっしゃいますが、結果として、お互いに満足行く結果にはなっていないように思います。そのため、このプロセスをなるべく省略したい方は、建て売り住宅やハウスメーカー、分譲マンションをすすめます。この場合「家を買う」という選択肢になるでしょう。「家をつくる」とはご自分にとってどういうことなのかをじっくり考えてみてください。また、住宅は工業製品のように図面通り細かい部分まで出来上がるとは限りません。細かな部分まで気になる方にも「家をつくる」ことはお勧めできません。

外断熱が良いと言われていますが、優れている点・欠点は何でしょうか?また。それに匹敵する他の良い方法はありますか?

 

 外断熱が優れている点は、熱を伝える構造材の外側を断熱材で覆い尽くして、安定した断熱環境をつくり出すことにあります。特にコンクリートや鉄骨など熱伝導の大きな構造材の建物に効果的だと言われてきました。近年ではこれらの構造材と比較して熱伝導の小さな木造においても外断熱工法が一般化してきました。木造においてこの工法が研究され、断熱材も各メーカーから発売されています。このような流れに沿って施工費用も合理化されてきています。しかし、断熱材の価格は従来からの内断熱材料(グラスウールやロックウール)に比べて値段が高く、施工についても内断熱工法より手間がかかることから、外断熱工法はコスト高となってしまいます。これを欠点と見るかどうかは意見が分かれますが、確実な断熱環境をつくり出すメリットがあることは確かです。

 但し、熱伝導の小さい木造では外断熱にこだわる必要はないかと考えています。この場合大切なことは、壁の中で結露を生じさせない工夫をすることです。壁の中で空気の対流を生じさせない納まりと、湿気を壁内から逃がしてやる仕組みをつくると、コストから考えても内断熱でも十分でしょう。

これまで採用した内断熱材としては、住宅用現場発泡ウレタンウールブレス、セルロースファイバーなどがあります。

住宅に関する化学物質過敏症についてどう考えていますか?また100%安全な家は建てられますか?

 この問題に触れる前に、同様のアレルギーである花粉症について少し触れておきます。かつてはなかったこのアレルギーが近年問題となっている背景には、我々の食生活や住環境の変化についての意見もありますが、無菌状態に近づいている人体環境にも問題があるようです。かつては体の中に寄生虫(主に回虫)を宿していたのがそれらを駆逐することで抗体が他に(花粉に)向かってきているのである、という報告がなされています。

 一方、住宅建材については、大量生産とコストダウンを目的に様々な建材が生み出されてきました。それらの多くには、それまで人間が触れることのなかった化学物質が含まれていました。その中に人体に有害な物質(ホルムアルデヒド・VOC※等)がある場合には住環境に重大な影響を及ぼすことが知られ、法整備もされて現在に至っています。一応のガイドラインは引かれていますが、未知の物質も予想されます。そこで、なるべく自然に存在する材料(無垢材や珪藻土など)で家づくりを進めたいと考えています。しかし、安全性を追求するあまり、住環境においても無菌状態に近づけることであれば花粉症の例からも疑問が残ります。建材については化学物質を含む材料はなるべく使わないことが基本ですが、元々人体が持つ自然環境との共生という観点から家づくりを考えて行きたいと思います。つまり、100%安全な家は目指さないということでもあります。但し、個人差も考慮しなければならないことも付け加えておきます。

※ VOC=揮発性有機化合物 トルエン・キシレン・スチレンなど

陽当たり・風通し等悪い土地に建築する際は、快適な住まいにするためにどのような工夫ができますか?

 陽当たりが悪くても土地の上部は解放されています。風通しが悪くても空気を対流させる工夫があります。かつて間口の狭い住宅地でこのような条件がありました。その住宅ではパッシブソーラーシステム一つであるOMソーラーまたはそよ風という方式を採用しました。この方式は屋根面で暖められた空気を内部に取り込み、冬はその温風を床下に送り込んで基礎に蓄熱させ、建物全体を暖房します。夏には熱交換によりお湯をつくり出してお風呂やシャワーに使える選択肢もありますが、夜間の放射冷却と基礎に熱を奪わせた冷風を利用した緩やかな冷房はとても気持ちの良いものです。またスイッチの切り替えで吹き抜け上部にたまった室内の空気を排気することで新鮮な空気を取り込み、人工的に空気の流れをつくり出すことが出来ました。この工法以外に、吹抜空間をつくり、高い位置に窓や天窓を設けて開閉することで自然に空気の対流をつくり出すことも可能です。条件が悪い場合でもこれらのような方法で快適な住空間がつくれると考えます。

ランニングコストの抑え方について教えてください。またメンテナンスフリーの家は可能でしょうか?

 ランニングコストを抑える方法はいくつかありますが、熱負荷をなるべく小さくすることと、エネルギーをなるべく使わない工夫が必要です。つまり、断熱性能を十分確保して冷暖房費を抑えることと、機械的な冷暖房になるべく頼らずに自然の通風や陽当たりで快適な空間をつくり出すことです。他にも、先に述べたパッシブソーラーシステムを採用することで自然のエネルギーをありがたく利用する方法もあります。

 メンテナンスについては、コストが許す限り耐久性のある材料を選択することですが、なるべくメンテナンスがかからないような設計の工夫も必要です。雨がかかる部分を少なくすることやコーキング(防水)部分が雨や直射日光に曝されない等の工夫が家を長持ちさせます。また、雨漏れしにくい納まりの工夫も必要です。しかし、住宅の場合は後で述べるように、住む人のメンテナンス程度により家の寿命が決まるように思います。マンションの修繕計画のように、時期が来ればメンテナンスを行う計画をあらかじめ決めておくよう心掛けたいものです。

耐震性についてはどうおもいますか?

 

 かつて木造は地震時に、横方向の力に対してなびくように力を逃がして行くことで耐えてきたと考えられた時期がありました。その思想も超高層建築における柔構造に繋がっているように思います。しかしながら、記憶に新しいところでは、阪神淡路の震災で木造住宅のひ弱さを目の当たりにしました。そして、昭和58年建築基準法改正以降、この震災を経て木造耐震基準が飛躍的にレベルアップし、また様々な工法も考案されてきました。

 現在の構造基準に従って設計した場合、阪神淡路クラスの地震が起きても倒れないことが予想されますが、問題は、構造基準通りの施工がなされているかということと、将来にわたって構造性能が維持されるかということだと思います。阪神淡路で倒壊した木造家屋の多くは、地面の崩壊などを除けば、(当時の構造基準に対しても)手抜き工事があったり、土台が腐食して建物が踏ん張れない構造であったようです。つまり、土台など主な構造材が腐ることがない、等のように将来にわたって構造性能が維持される設計であることと、その設計通り施工されているかを監理することが大切であると思います。

住宅の耐久性について教えてください。

かつて築30年余りの家屋を購入して家を建て替えるという施主の家を設計したことがありました。解体工事の前に現地を確認したところ、とても30年とは思えないほどひどい状態の家屋でした。ちょうどその隣に築年数が同様の家がありました。その家は途中持ち主が替わったこともあり、何度か継続的に手入れされてきた味わい深い姿になっていて、同じ築年数であってもこんなに違うのかと驚いたことがあります。

 木造住宅の場合、木構造材は樹齢と同等以上の寿命があると言われています。一般に流通している構造材は樹齢5〜60年が多いようです。また、基礎コンクリートはきちんと施工された場合は60年以上とも言われています。「何年持つか」の議論よりも「何年持たせるか」が大切です。つまり、耐震性能の中で述べたように構造性能が維持されるようメンテナンスをきちんとして行けば基礎コンクリートと同様又はそれ以上の耐久性があると考えています。

セキュリティについてはどのような対策が出来ますか?

 近年ピッキングをはじめ、窓ガラスを破壊しての侵入など犯罪が多様化してきました。それに伴いピッキングに強いシリンダー錠をはじめ防犯ガラスや防犯グッズが多く商品化されてきました。また、セコムなどのセキュリティサービスも一般化しています。しかし、いずれにせよ完璧に防犯することは難しいのが現状ですので、他にも防犯上有効な間取りや外構計画など設計上の工夫が必要となります。たとえば、プライバシーが守られる範囲で、隣地や道路からも家の廻りの様子がうかがえるようにする、等の工夫を提案して行きたいと考えています.

計画はまだ先なのですが、相談に乗ってもらうことはできますか?

 もちろん大丈夫です。
家づくりは現在の生活スタイルを見直すという意味で、ある程度時間が必要です。現時点での希望や問題点を洗い出して話し合うことはとても有意義です。今何をすべきかについていろいろアドバイスさせて頂きます。相談費用はかかりません。
また、オープンハウス(完成内覧会)に参加して頂いて、イメージをつかんで頂くことも大事だと思います

→ 詳しくはこちら

手抜き工事が心配です。みさき建築では対策を考えていますか?

 「ミスを防ぐ現場監理」のコーナーでも知らせしているように、週3〜4回に及ぶ細かい現場チェックを重ねています。また、これまで技量のわかっている専門工事業者も多いので、手抜き工事はございません。万一、そのような状況を発見した場合は、速やかに手直しの指示をします。それでも改善されない場合は、毎月の出来高払いの承認を拒否するなど、断固たる態度で臨みます。

 そもそも、監理は手抜き工事を発見するよりも、工事のミスや勘違いによる誤った施工を未然に防ぐことに重点を置いています。また、図面だけでは解決できない納まりなどを現場で解決してゆくために、職人さんたちとのコミュニケーションも大切にしています。

これから家を建てたいと考えている人にたいして、アドバイスを。

 建築家がどのような傾向の住宅をつくってきたかということを知ることも大切ですが、建築家との相性を良く見極めてほしいということを申し上げたいです。どんなにすぐれたデザインや技量を持った建築家であっても、施主との相性が悪ければ、十分なコミュニケーションがとれずに一方通行となってしまい、結果は良くありません。家づくりとは、打ち合わせの議論を重ねることでもあります。相性が良いかどうかは、インターネットなどで事前に下調べをする等して、いろんな建築家とお見合いすることをおすすめします。我々は門戸を拡げてお待ちしています。